J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

★試合結果

5.29『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 2nd』
大会結果詳細

2016年5月29日(日)、東京・新宿FACEにて『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 2nd』が行われた。新進気鋭のチャンピオン対決をメインに、次期王者への挑戦権を懸けた注目のダブルセミファイナルなど話題のマッチが目白押し。エネル ギッシュなファイトと壮絶なダウンの奪い合いに、会場の新宿FACEは熱気と興奮に包まれた。

まずはメインイベントの鷲尾亮次(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)と鈴木翔也(NJKF・OGUNI GYM/NJKFスーパーフェザー級王者)の一戦。
互 いに距離を取りながら様子見の序盤。鷲尾はジャブからインロー、ハイキックで威嚇、鈴木もローからハイキック、鋭いフックとストレートで襲いかかる。首相 撲でも譲らない両者は、身体を入れ替えながら互いにヒザを叩きこむ互角の攻防を見せる。第2ラウンド、前に出る鈴木を鷲尾がインローとハイキックで牽制。 接近した両者は再び首相撲となり、中盤以降は離れて打ち合い、接近して首相撲の展開が続くが、両者の攻撃に鋭さが増してきた中盤、3ラウンドに入った矢先 に“有効な攻撃による負傷”で鈴木にドクターチェックが入り、そのまま試合は終了。鷲尾がTKO勝ちを収めた。
「挑戦者のつもりで敢えてベルトは持って来なかった。NJKFのチャンピオンに勝ったので、もっと名前のある強い選手、悠矢選手やヤスユキ選手とやらせてほしい」と、宣戦布告のコメントで締め括った。
5連勝で勢いに乗る鷲尾の挑戦を、果たして受けるだろうか?今後の動向に注目だ。


 

続くダブルセミファイナルの1試合目、J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定戦、小澤聡子(チームドラゴン/J-GIRLSフェザー級3位)と浅井春香(Kick Box/J-GIRLSフェザー級4位)の一戦。
序 盤から積極的に攻める小澤。ローキックと大きく振り回すフックで一発を狙って前に出る。浅井はこれを捌きながら、前蹴りと細かいジャブを軸に応戦。距離を 取りながら徐々にペースを持ち込み、ミドルとハイキックさらにはストレートを叩き込み、小澤の攻撃を阻止する。小澤は手を休めることなくひたすら前進を続 け、終盤は気迫で浅井を圧倒。じりじり後退する浅井だが、スタミナを奪われながらも適確に有効打を叩き込み、判定の末に勝利を収め大石綾乃への挑戦権を得 た。
「女子のフェザー級、重い階級を自分がどんどん盛り上げていきたい。もっともっと面白い試合ができるように練習を積んでいきます!」と、最後は笑顔で締め括った。

 

 

 


さらにダブルセミファイナルのもう1試合、J-GIRLSピン級暫定王者挑戦者決定戦、COMACHI(MSJ/J-GIRLSピン級4位 WPMF日本ピン級王者 KOS女子ピン級王者)と宗田智美(SB・シーザージム渋谷/J-GIRLSピン級5位)の一戦。
王者・キラッ☆Chihiro(魁塾)の王座返上により暫定王者となった松下えみ(T-KIX GYM)の見守る中、試合は行われた。
リ ングを回りながらじりじりと宗田を追うCOMACHI。狙い澄ました強烈な前蹴りをヒットさせ、宗田をロープへ突き飛ばす。宗田はひるむことなく仕掛ける が、序盤からCOMACHIの多彩な足技に翻弄される。第2ラウンドに入って激しく打ち合う両者。回転の速い鋭いパンチと蹴りのコンビネーションで一気に 圧をかけるCOMACHI。接近戦でも上手さと強さを見せ、喰らい付く宗田を突き放す。終盤もCOMACHIの蹴りは容赦なく襲いかかる。宗田もキレ味鋭 いパンチで善戦するが、持ち味を最後まで活かすことができず。COMACHIが宗田の気持を挫く3-0の圧勝でタイトルマッチ進出を決めた。
暫定王者の松下が再びリングへ上がると、マイクを握って開口一番、
「前回負けているので、今回はリベンジしたい。もちろん私が勝ちます!押忍!」
と意気込んだCOMACHI。それを受けた松下も、
「挑発してくれたけど、ベルトは絶対渡さない。私が圧勝で勝つ」と返し、早くも火花を散らした。

 

 


 

また、J-NETWORKスーパーライト級次期王者挑戦者決定トーナメントの一回戦、カズ宮澤(BELIEF/J-NETWORKスーパーライト級9位) と実方拓海(TSKjapan/MuayThaiOpenスーパーライト級7位)の一戦は、両者互角の攻防ながら、終盤の首相撲で粘りを見せた実方が僅差 の粘り勝ち。トーナメント一回戦を勝ち抜いた。

 

 

 

 


その他結果は以下の通り。
(文/Ryuta Esaki)

 



■『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 2nd』

2016年5月29日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30

<全対戦カード> 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

第10試合メインイベント 59kg契約  3分5R
鷲尾亮次
[Ryouji Washio]
TKO 3R 0'46″ 鈴木翔也
[Syouya Suzuki]
×
レグルス池袋/
J-NETWORKスーパーフェザー級王者

NJKF・OGUNI GYM/
NJKFスーパーフェザー級王者


第9試合ダブルセミファイナル J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定戦  サバイバルマッチ1  
× 小澤聡子
[Satoko Ozawa]
判定0-3
28-30
28-29
28-29
浅井春香
[Haruka Asai]]
チームドラゴン/
J-GIRLSフェザー級3位
Kick Box/
J-GIRLSフェザー級4位
※浅井がタイトルマッチ進出

第8試合ダブルセミファイナル J-GIRLSピン級暫定王者挑戦者決定戦  サバイバルマッチ1  
COMACHI
[Comachi]
判定3-0
30-28
30-28
30-28
宗田智美
[Tomomi Souda]
×
MSJ/
J-GIRLSピン級4位
WPMF日本ピン級王者
KOS女子ピン級王者
SB・シーザージム渋谷/J-GIRLSピン級5位
※COMACHIがタイトルマッチ進出

第7試合 J-NETWORKスーパーライト級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1  
× カズ宮澤
[Kazu Miyazawa]
判定0-3
27-30
29-30
29-30
実方拓海
[Takumi Sanekata]
BELIEF/
J-NETWORK
スーパーライト級9位
TSKjapan/
MuayThaiOpen
スーパーライト級7位
※実方がトーナメント勝ち上がり

第6試合 J-NETWORKランキング査定試合 ライトヘビー級  サバイバルマッチ1
× ゴリ・セノオ
[Gori Senoo]
TKO 2R 1'44″ OD・KEN
[OD KEN]
月心会 チーム侍/
武士道GLADIATORキック
ヘビー級王者
ReBORN経堂

第5試合 スーパーフェザー級  3分3R

[Satoru]
TKO 3R 0'58″ 真沙希
[Masaki]
×
フォルティス渋谷NJKF・VERTEX

第4試合 62㎏契約  3分3R※肘あり
× 小林米仁
[Yonehito Kobayashi]
判定0-3
26-29
26-30
26-30
志賀おじさん
[Shiga Ojisan]
アカデミア・アーザ STB JAPAN

第3試合 ライト級  3分3R※肘あり
ポッキーラジャサクレック
[Pocky Rachasakureck]
判定3-0
30-27
30-27
30-27
井出賢太
[Kenta Ide]
×
ラジャサクレックムエタイジム STB JAPAN
※デビュー戦

第2試合 フライ級  2分3R
喜多村美紀
[Miki Kitamura]
判定0-1
28-29
29-29
29-29
小林愛三
[Manazou Kobayashi]
テツジムNEXT LEVEL渋谷

第1試合 フェザー級  2分3R
空手こまち
[Komachi Karate]
判定3-0
30-28
29-28
30-28
瀬端薫
[Kaoru Sebata]
×
武心会NJKF・ZERO/
J-GIRLSフライ級8位

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。
g