J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

★試合結果

7.31『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 4th』
大会結果詳細

2016年7月31日(日)東京・新宿FACEにてJ-NETWORK主催興行『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 4th』が行われた。

今大会のメインイベントは4年ぶり3度目となるJ-GIRLS&WPMF日本王者・陣内まどか(エスジム)とホーストカップ女子バンタム級王者・谷山佳菜子の美しき女王対決。
両者はこれまでに2度対戦しており、どちらも谷山が勝利している。陣内が得意のミドルキックで3度目の正直となるか、王者の箔を付けて4年ぶりに戻ってきた谷山が前蹴りで3度目も制するのか。注目の集まる美人対決となった。
1R 前足でリズムを取るムエタイスタイルの陣内に対し、谷山はローからワンツー、顔面への前蹴り、さらにミドルキックで前へ出る。陣内は右ミドル、ワンツーを返しミドルの連打を返していく。
2Rも谷山は前蹴りからワンツー、ミドルを繰り出しハイキックをヒットさせる。距離を詰めようとする陣内に対し、谷山はボディへの前蹴りで巧みに突き放す。陣内は谷山の前蹴りからの右ストレートをくらい、一瞬ぐらついたが、下がりながら右ミドル、ストレートを返す。
3R 疲れが見える谷山に対し、陣内はミドルからローを連打する。谷山は前蹴りからワンツー、ミドルへつなぐ。陣内はさらに回転を上げてロー、ワンツー、ミドルを繰り出す。
終盤盛り返した陣内だったが、前半に的確に攻撃をヒットさせた谷山の判定勝利、3度目の美女王対決も谷山の勝利となった。

 

 

 


セミファイナルはMA日本スーパーバンタム級4位、WPMF同級4位の一仁(真樹ジムAICHI)と元J-NETWORKスーパーバンタム級ランカーの出口優佑(WSRフェアテックス)の対戦。
1R 左右のローを蹴っていく出口。一仁は様子を見ながらミドルを返す。ワンツーを出す一仁に出口はローを合わせる。
2R 左ボディ、ミドルを出していく出口。一仁はローを返しストレートから左ミドル。出口もミドルを返していく。
3R 開始早々両者激しく打ち合い、蹴り合う。組んで膝を出す出口に対し、一仁はこかしていく。さらに一仁はジャブからロー、ミドルに繋げる。出口もローを返す。
一進一退の攻防が続いたが、両者決め手に欠けドローとなった。

 


 

 


その他結果は以下の通り。

 



■『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 4th』

2016年7月31日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30

<全対戦カード> 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

第11試合メインイベント 54kg契約 サバイバルマッチ1
× 陣内まどか
[Madoka Jinnai]
判定 0-3
28-29
28-30
28-29
谷山佳菜子
[Kanako Taniyama]
エスジム/
J-GIRLSバンタム級王者
初代WPMF日本女子同級王者
Wヒロインズカップ
(56kg以下)優勝
正道会館総本部/
J-GIRLSバンタム級3位
初代ホーストカップ女子バンタム級王者
初代LEGEND QUEEN バンタム級王者
J-GIRLS -53kg Japan Queen 王者

第10試合セミファイナル フェザー級 3分3R※肘あり
出口優佑
[Yuusuke Deguchi]
判定 0-1
29-30
29-29
29-29
一仁
[Kazuhito]
WSRフェアテックス/
元J-NETWORK
スーパーバンタム級10位
MA・真樹ジムAICHI/
MA日本スーパーバンタム級4位
WPMF同級4位

第9試合 フェザー級 3分3R※肘あり
× 押方匡介
[Kyousuke Oshikata]
TKO 3R
0'59″
伊仙町典久
[Norihisa Isencyou]
レグルス池袋/
J-NETWORKフェザー級10位
BLA-FREY

第8試合 フェザー級 3分3R

[Satoru]
判定 3-0
30-27
30-28
30-27
藤田“酔拳”義文
[Fujita Suiken Yoshifumi]
×
フォルティス渋谷 Y'ZD GYM

第7試合 J-NETWORK 2016 ウェルター級新人王トーナメント 一回戦
 サバイバルマッチ1※肘なし
"ブラックパンサー"ベイノア
["Black Panther"Beynoa]
KO 2R
1'20″
雑賀弘樹
[Hiroki Saiga]
×
極真会館 亀の子道場
※ベイノアがトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第6試合 J-NETWORK 2016 ライトヘビー級新人王トーナメント 一回戦
 サバイバルマッチ1※肘なし
× 西山鋼
[Hagane Nishiyama]
判定 0-3
27-30
27-30
28-30
中村充利
[Mitsutoshi Nakamura]
芦原会館東京本部西山道場/
第5回極真CUP全日本空手道選手権大会 無差別級優勝
北斗会館
※中村がトーナメント勝ち上がり、決勝進出

第5試合 62kg契約 3分3R※肘あり
まさきラジャサクレック
[Masaki Rachasakreck]
判定 0-0
28-28
28-28
28-28
冨田健祐
[Kensuke Tomita]
ラジャサクレックムエタイジム/
J-NETWORKライト級8位
MA・真樹ジムAICHI/
MA日本ライト級7位

第4試合 53㎏契約 3分3R
× 牧野亮佑
[Ryousuke Makino]
判定 0-2
28-29
28-29
29-29
遊輝
[Yuuki]
エレフセリア/
元WPMFスーパーフライ級6位
NEXT HEROES CUPスーパーフライ級優勝
モテるジム

第3試合 61㎏契約 3分3R※肘あり
ポッキーラジャサクレック
[Pocky Rachasakreck]
判定 3-0
30-28
30-28
30-28
暁人
[Akito]
×
ラジャサクレックムエタイジム Be Well
※デビュー戦

第2試合 57㎏契約 2分3R
空手こまち
[Komachi Karate]
 判定 3-0
29-28
29-28
29-28
森田和美
[Kazumi Morita]
×
武心会 勇心館

第1試合 62kg契約 2分3R
直 DATE
[Nao Date]
判定 2-0
29-28
29-29
29-28
セラ
[Sera]
×
Team DATE/THQ Purebred
Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。
g